イベント

嵐山紅葉ライトアップ2018の時期や時間帯は?見ごろや混雑状況も!

9月に入って、すっかり秋めいてきましたね。

となると紅葉狩りに出かけて癒された~い、なんて気分になる方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、その紅葉の名所中の名所、京都・嵐山(あらしやま)のお役立ち&最新情報についてお伝えしたいと思います。

嵐山は人気が高く混雑も予想され、紅葉めぐりには少しコツが必要なようですよ。

それでは、長年の嵐山ファンの方から初めて出かけるビギナーさん、そして海外からお越しのYOUの皆さんまで、どうぞ今年の紅葉情報をご覧ください!

 

スポンサードリンク

 

2018嵐山の紅葉の見ごろは?

嵐山は「日本紅葉の名所100選」のひとつに数えられ、毎年多くの観光客が訪れます。
紅葉の主な種類は、モミジ、カエデ、イチョウになります。

だいたい11月中旬から見ごろを迎え、紅葉のトップシーズンといえば11月下旬~12月上旬あたりだそうです。

場所によっては12月中旬まで楽しめる穴場もあるそうですよ~。ただし実際の色づき状況は今後の気象条件に左右されますので、ご注意ください!

さてさて嵐山とは、よく勘違いされるのですが、嵐山(標高約382メートル)という山ひとつのことを指すわけではありません。

一般的には渡月橋(とげつきょう)の付近を中心に、嵯峨野(さがの)エリアも含めた一帯をまとめて「嵐山」と称しています。(渡月橋はドラマのロケ地でも知られていますね!)

このため見どころも多彩です。

世界遺産の天龍寺(てんりゅうじ)、小倉山(おぐらやま)中腹からの眺望が素晴らしい常寂光寺(じょうじゃっこうじ)、トロッコ列車で巡る嵯峨野などなど。

縁結びで有名な野宮(ののみや)神社の近くには、CM撮影にも使われた竹林もありますね。

そして代表的なイベントといえば、やはり「嵐山もみじ祭」でしょう!

当日は渡月橋の上流の大堰川(おおいがわ)で、古式ゆかしい昔の舟遊びを模して優雅な歌や踊りの伝統芸能が披露される予定です。

また岸辺では、島原太夫(しまばらたゆう)のお練りや嵯峨大念仏狂言(さがだいねんぶつきょうげん)も見学できますよ。

例年だと午前10時30分~と午後13時~の二部構成で、それぞれ演目が異なります。

午後は観光客で混み合いやすいので、午前の方がゆっくりと鑑賞できそうです。

●「嵐山もみじ祭」
開催日時 2018年11月11日(日) 10:30~(雨天の場合は中止)
開催場所 京都市右京区・渡月橋の付近
鑑賞料金 散策は無料(太夫のお点前500円など、一部有料のイベント有り)
最寄り駅 嵐電(らんでん)嵐山本線「嵐山」駅下車、徒歩5分。阪急嵐山線「嵐山」駅下車、徒歩7分。JR嵯峨野線「嵯峨嵐山」駅下車、徒歩15分。(徒歩は目安時間です)
お問合せ 嵐山保勝会 TEL 075-861-0012 (土日祝休日)

 

スポンサードリンク

 

2018嵐山の紅葉ライトアップ期間や時間は?

昼間の紅葉狩りも風流で“いとおかし”なものですが、夜にライトアップされた紅葉は、また格別な美しさです。

まずは「京都・嵐山花灯路(はなとうろ)-2018」から。

開催エリアは渡月橋周辺を中心に山裾や水辺、野宮神社から大河内山荘(おおこうちさんそう)庭園に至る竹林の小径などと広域なので、公式HPのマップで確認してくださいね。

LED電球を使用した露地行灯(ろじあんどん)や、京都いけばな協会による作品も展示され、息をのむような見事な風景が続きます。(開催エリアは予告なく変更される場合があります)

「京都・嵐山-花灯路2018」
点灯日時 2018年12月8日(土)~17日(月)17時~20時30分
点灯場所 嵯峨・嵐山地域
観覧料金 散策は無料(一部、拝観料がかかる寺社があります)
お問合せ 京都・花灯路推進協議会事務局 TEL 075-212-8173 (平日10時~18時)

 

他にも、こんな楽しみ方はいかがですか?嵯峨野のライトアップを臨時列車の車窓から眺める、という企画です。

トロッコ列車は全席指定なので、乗車券は予約購入がおススメです。

嵯峨野トロッコ列車「秋の沿線ライトアップと臨時列車運転」
点灯日時 2018年10月13日(土)~12月7日(金)の毎日16時30分~19時30分
点灯場所 トロッコ嵯峨駅~トロッコ亀岡駅の沿線
片道運賃 大人620円/小人310円
お問合せ 嵯峨野観光鉄道株式会社 TEL 075-861-7444 (自動音声案内/営業時間8時40分~16時40分)

 

また、夜間の拝観だけでなく境内がライトアップされる場所もあるんですよ。 中でも評判の高いスポット、宝厳院(ほうごんいん)をご紹介します。

期間中は庭園「獅子吼(ししく)の庭」の幻想的な景観も堪能できます。

●宝厳院「2018年 秋の夜間特別拝観」
開催期間 2018年11月9日(金)~12月2日(日)
拝観時間 17時30分~20時30分閉門 (受付終了:本堂は20時/庭園は20時15分)
拝観料金 拝観志納料(庭園:大人600円/小中学生300円)
     宝厳院本堂特別公開は別途に志納料(大人500円/小中学生300円)
お問合せ 宝厳院 TEL 075-861-0091

 

スポンサードリンク

 

2018嵐山の紅葉時期の混雑状況は?

さて実際のところ、現地はどのくらい混むのでしょうか?

例えば「京都・嵐山-花灯路2018」の来場者数は、例年のべ100万人を超えています!やはり土日を中心に混むようですね。

そこでこの混雑の中で、リピーターの皆さんがどうやって紅葉狩りを楽しんでいるか調査してみました。

  • 来場日をずらす…11月は避けて12月に行く。防寒対策もシッカリと!
  • 来場時間をずらす…早朝や午前中を活用する。お昼の外食にひと工夫…
  • ランチタイムを避けて食事するか、お店を予約しておく。マイカーは使わない…
  • 徒歩+電車を利用。バスは待ち時間も考慮して乗車。観光タクシーや観光ツアーも活用。

なるほど~!他にはレンタサイクルや人力車を利用する方もいるようですよ~

ちなみに、エリア内の道路は混雑状況に応じて一方通行に制限される場合があるので、注意が必要です。

まとめ

  • 嵐山の紅葉トップシーズンは11月下旬から12月上旬です。
  • 紅葉のライトアップは12月8日(土)からの「京都・嵐山-花灯路」が有名です。
  • 期間中は土日を中心に混雑が予想されます。

それでは皆さん、紅葉が綺麗に色づくまで楽しみに待ちましょう。YOUの皆さんも、すべて日本語なのに最後までお付き合いくださり、ありがとうございました!

関連記事はこちら>>