スポーツ

箱根駅伝2019の山の神を予想!歴代選手とみどころも!

先日、11月4日(日)に第50回全日本大学駅伝対校選手権大会が開催され、青山学院大学が逆転で優勝しました。おめでとうございます!

青山学院は出雲駅伝に続いての連覇、勢いが止まりませんね!

さて今シーズンの大学三大駅伝も、いよいよ残すところは箱根駅伝だけとなりました。

では、ここでクイズです。同じ駅伝とはいっても、箱根駅伝にあって、出雲と全日本にないもの、何でしょうか?

…はい、そうです!正解は「山の神(やまのかみ)」です!

(…タイトルにまんま書いてありましたね~)

今回は、この「山の神」について調べてみました。どうぞご覧ください~!

スポンサードリンク

箱根駅伝の山の神とは?

まずこの「山の神」との呼び方は、1月2日の往路5区を走る選手にだけ、与えられているようですね。

では、そもそも「山の神」が走る往路5区って、どんな区間なのでしょうか?

<往路5区とは>

距離=全長20.8㎞。幾度かのコース変更を経て、現在はこの距離となっています。

概要=選手たちは標高約40メートルの小田原中継所から、標高874メートル・国道1号線の最高地点までを駆け上ります。

その後は一転して下り坂。箱根神社の赤い大鳥居をくぐれば、まもなくフィニッシュ地点の箱根町・芦ノ湖駐車場へ到着します。

ゴールでは選手が着くたびに花火を打ちあげて、華やかに出迎えます。

過酷なコースですね~…

また平地のコースと比べて気温差も大きく、選手たちは脱水や怪我などのアクシデントに遭いやすく、本当に攻め方が難しい…。

しかし過去には、こんな中でも5人以上をごぼう抜きしたツワモノが、なんと20名もいました!すごいです!

そのためか、今までに5区での首位の逆転は28回にも及ぶのだそうです。なんともドラマチックな区間なんですね~。

そして、こうした歴史の中から生まれたのが「山の神」という存在。

これは厳しい条件を乗り越えてゴボウ抜き+区間賞の走りをし、かつ母校の優勝に貢献した立役者を、いつしかそう呼ぶようになったようです。
つまり山登りのヒーロー!!

お正月から何とも縁起のいい話でもあります。

こうして陸上ファンのみならず、お茶の間の皆からも人気の存在になったのでしょうね。

あわせて読みたい
箱根駅伝2019
箱根駅伝2019応援スポットでおすすめなのは?お出かけ情報も!先日10月13日に箱根駅伝の予選会が行われ、来年1月2~3日の本戦に出場する23チームが決定しました。 23チームの皆さん、出場決定お...

箱根駅伝【山の神】となった歴代選手は?

ところで「山の神」と称されるランナーは、現在3代目まで存在しているそうです。

皆さん、どんな活躍をされた方たちなのでしょうか?

<歴代の山の神たち>

●初代=今井 正人(順天堂・2007年卒業/現・トヨタ自動車九州に所属)

第81回大会(2年生)…11人抜き+区間賞→往路4位+金栗四三杯

第82回大会(3年生)…5人抜き+区間賞→往路優勝+金栗四三杯

第83回大会(4年生)…4人抜き+区間賞→往路優勝+総合優勝+金栗四三杯

今井選手が5区で抜いたランナーは、3年間でのべ20人。山の神という名称は、当時のテレビ中継で「山の神、ここに降臨!」とアナウンスされたことに始まる。シュークリームが大好物。

●2代目=柏原 竜二(東洋・2012年卒業/現・富士通に所属、2017年に陸上競技は引退)

第85回大会(1年生)…8人抜き+区間賞→往路優勝+総合優勝+金栗四三杯

第86回大会(2年生)…6人抜き+区間賞→往路優勝+総合優勝+金栗四三杯

第87回大会(3年生)…2人抜き+区間賞→往路優勝

第88回大会(4年生)…0人抜き(小田原中継所を1位通過)+区間賞→往路優勝+総合優勝+金栗四三杯

4年間すべて区間賞で往路優勝という記録を残した選手。ちなみに大久保初男(大東文化大・50~53回大会に5区の区間賞)選手も同じ快挙を成し遂げた。

アニメ&ゲーム好きでも有名。

●3代目=神野 大地(青山学院・2016年卒業/コニカミノルタ退社後、現・プロランナー)

第91回大会(3年生)…1人抜き+区間賞→往路優勝+総合優勝+金栗四三杯

第92回大会(4年生)…0人抜き(小田原中継所を1位通過)+区間2位→往路優勝+総合優勝

現在に続く青山学院・箱根連覇の立役者。小柄な体型ながらもスタミナ抜群な走りで、駅伝ファンを魅了。笑顔もキュート☆

2018年の94回大会では、この神野選手に続く4代目の出現が期待されましたが、実はまだ4代目、いません!

でも候補に挙げられたランナーたちがいましたので、ご紹介いたします。

<94回大会の山の神・候補たち>

●9人抜き=青木 涼真(法政・当時2年)

埼玉県の進学校・春日部高校の出身。法政大は小田原中継所14位から5位に浮上し、復路6位でシード権を獲得。

●7人抜き=山田 攻(順天堂・当時3年)

「山を攻めると書いて、やまだ こう」とのTV実況が耳に残る。2年連続で山に抜擢された。

●5人抜き=小町 昌矢(日本体育・当時4年)

1年生で区間19位→4年生で区間5位の好成績を残した。イケメン! 現・日立物流に所属。

●5人抜き=細谷 恭平(中央学院・当時4年)

3年生から連続で起用され16位から11位に。中央学院は翌日にも順位を上げ、手堅く復路10位でシード権を獲得。現・黒崎播磨に所属。

●4人抜き=服部 潤哉(城西・当時3年)

レース前半から積極的にハイペースで臨み、すわ4代目「山の神」かと思われた。特長は、長身を生かした大きなストライド走法。

他にも注目したい選手がいましたよ。

●往路2位=竹石 尚人(青山学院・当時2年)

マラソン日本記録保持者の大迫傑選手から「上半身の使い方が神野君に似ている」と評された。復路の総合優勝への流れも作り、山の神4代目に最も近い存在かも。

●往路1位=田中 龍誠(東洋・当時1年)

1年生で5区起用ながらトップを守りきり、往路優勝のテープを切った。区間順位は9位だったが、重圧に負けない走りを見せた。

●往路17位=藤岡 健蔵(大東文化・当時1年)

同じく1年生、しかもイケメン! …もちろん走りもブレーキ無しのナイスラン、襷をもらった順位をキープして完走。2年生で、伝統の「山の大東」を復活できるか?

2019年には、ここから新・山の神が現れるのでしょうか?

スポンサードリンク

箱根駅伝山の神となる区間の見どころは?

それでは5区の見どころを、一緒に追っかけてみましょう。

<5区の注目スポット>

●0.0km/小田原中継所…5区のスタート地点。選手の皆さん、頑張ってください!

●3.0㎞/箱根湯本駅…ロマンスカーがチラ見え。観戦客も多く集まり、選手は大歓声を浴びます。さぁここから本格的な山登りに突入ですよ。

●3.7㎞/函嶺洞門(かんれいどうもん)バイパス…2015年から安全性の向上のために迂回コースへ変更。定点カメラで記録を計測。トンネルの名前も外観も「ザ・箱根駅伝」といった感の場面ですよね~。

●7.0km/大平台のヘアピンカーブ…キッついU字の坂道。ここでも定点カメラで記録を計測。同時に給水ポイントでもあり、サポート役の仲間から力水を受けます。

●8.7㎞/宮ノ下駅…ここでは観客が声を合わせて全選手の名前を連呼、連呼。TV中継でも有名なシーンですよね。音頭を取るのは地元・商店街の方々だそうです。もう少し進んだ富士屋ホテル (9.4km) の先から急坂が続き、選手はいよいよ難所に突入します。

●10.5km/小涌谷(こわくだに)踏切…箱根登鉄道の駅そば。万が一レース中に選手と電車が重なったときは、電車を止めて選手を優先的に通すのだそう。

鉄道会社の皆さん、ありがとうございます!

●11.8km/小涌園(こわきえん)…大きなカーブに沿って大勢の観客が声援。よく見ると、ゆるキャら達もピョンピョンはねてます。

●15.8km/箱根ドールハウス美術館…2回目の給水ポイント。芦の湯付近から、まもなく最高地点へ。

●16.3km/国道一号の最高地点…標高874メートル。小田原の中継所から約840メートルも登ってきました。ここから箱根神社の赤い鳥居までは下り坂へ。

(開運・名ゼリフ情報)監督を載せた車からはラストスパートに向けて決死の声掛けが続き、選手を後押しします。ここで名将・駒澤大学の大八木弘明監督から「残り3キロッ! 男だろっ!」の檄が飛ぶのを聞けるか聞けないか…駅伝ファンにとっては実はワクワク、運試しのひととき。ファンだって最後まで気が抜けないわっ、そんな残り区間です。

●20.8km/箱根町・芦ノ湖駐車場…ゴーーーーーール!

以上、見どころだらけの5区でした~。

ちなみに給水ポイントの給水員は、事前に登録されたチームの部員、またはチームが許可した大学関係者が行います。

選手の同級生や親友などが粋な計らいで選ばれることもあり、4年生同士だと涙の給水場面になることも。

給水ひとつにも各校のドラマが垣間見られ、こちらも見逃せないのですよね。

どうぞハンカチを忘れずに、ご観戦いただきたいと思います。

箱根駅伝2019の山の神となる選手を大胆予想!

まだ箱根駅伝に出場する選手のエントリーがされていないため、分かり次第追記しますね!

スポンサードリンク

まとめ

前回大会のチームエントリー(16名以内の選手)は2017年12月10日で、区間エントリー(正競技者10名+補欠競技者6名以内)は12月29日でした。

2019年大会のエントリー発表もほぼ同じ頃だと予想されます。

公式発表が待ち遠しいですね!

今回は5区のような長~い記事となってしまいましたが、最後までお読みくださり本当にありがとうございました。

https://gomama1414.com/2019hakoneekiden-ikemen-2852