便利グッズ

極しゃもじの口コミや実際に使った感想のご紹介!

極しゃもじ,くっつかないしゃもじ,口コミ,感想

この記事では、私が愛用しているしゃもじの「極」をご紹介させていただきます。


ご紹介する極しゃもじを見に行く>>

ご飯粒がしゃもじにくっつくのってストレスに感じませんか?

私は凄くストレスに感じていたので、絶対ご飯粒がくっつかないしゃもじを探していました。

すると、以前働いていたパート先のキッチン担当の先輩が「極」というしゃもじを紹介してくれました。

話を聞くと「とにかくご飯粒がくつかない」ということだったので購入。

そんなわけで、この極しゃもじを実際に使った感想・世間の口コミ・特長(メリットデメリット)を本記事ではご紹介していきたいと思います!

極しゃもじの特長のご紹介

極しゃもじの材質詳細

  • 材質:ポリプロピレン
  • 耐熱温度:120℃
  • 生産国:日本
  • カラー展開:白・黒

極しゃもじは、お米のプロの方々と作ったしゃもじになり、こだわりの詰まったしゃもじとなっています。

そんなこだわりの詰まった極しゃもじのヘラ面は極薄となっており、ご飯を混ぜる際にご飯粒をつぶしにくくなっています。

そして、デコボコしたエンボス加工が密にされているのでご飯粒がくっつきにくくなっています。

また、ご飯がすくいやすいスプーンの形状になっています。

最後に、ヘラ部分が長いので炊き立てを底部分から混ぜられるようになっています。

その他の特長としては、極しゃもじは120度まで耐えられるので食洗器での洗浄が可能となっています。

また、しゃもじとしては珍しいブラックカラーがあります。


極しゃもじを公式サイトで見る>>

極しゃもじを実際に使った様子をレビューします

我が家の極しゃもじは定番の白色を使っています。

黒色もカッコよかったのですが、ご飯が乾くと白い膜ができるじゃないですか?

黒色だとその膜が目立つと思ったので、今回は白色を選びました。

極しゃもじで十字切りをしてみた

水に極しゃもじをつけずに十字切りをして、ご飯粒が付くのか検証してみました。

十字切りをしたすぐ後の極しゃもじの表面になりますが、ご飯粒は付いていません。

こちらは極しゃもじの裏面になりますが、こちらもご飯粒はついていません。

極しゃもじで炊飯器の底からご飯を混ぜてみた

水に極しゃもじをつけずに炊飯器のご飯を底から思いっきり混ぜてみました。

炊飯器のご飯を一通り混ぜた後の極しゃもじの表面ですが、ご飯粒はついていません。

こちらは、混ぜた後の極しゃもじの裏面になりますがご飯粒はついていません。

水を付けずに炊きたてのご飯を極しゃもじで混ぜたところ、ご飯粒がつくことはありませんでした。

横置きに出来るようにしゃもじの裏に突起が付いているのも特徴です。

極しゃもじを実際使った感想

  • しゃもじに水を付けずに使用しても、しゃもじにご飯粒はくっつかなかったです。
  • 水分の多いご飯の場合のみ、ご飯を混ぜる時やすくうときしゃもじを水につけてから使用した方がいいと思いました。
  • また、ヘラ部分が長いので量が多いご飯も底部分から混ぜた時、混ぜやすくご飯粒もくっつきませんでした。
  • 極しゃもじは、縦置きができないので使い終わった後は縦置きにしておきたい人は、別でしゃもじ立てを購入したほうが良いと思います。

しゃもじ立てを見に行く>>

極しゃもじのメリットデメリットを簡単にまとめました。

  • 水をつけなくてもご飯がくっつかない
  • ヘラ部分が長いので底からご飯を混ぜれる
  • 横置きできる工夫がされているので使い終わったら炊飯器の上に置ける
  • 水分の多いご飯ではご飯粒が少しくっつくので水につけるひと手間が必要
  • 横置きに工夫はされていますが、縦置きはできない

極しゃもじの口コミ

極しゃもじを実際に購入して使用した人の口コミのご紹介です。

実際の口コミ
実際の口コミ
このシャモジリピートです。
しゃもじなんてたいして変わらないと思っていたのですが、厚みがないだけでこんなにも使いやすいなんて思いませんでした。

実際の口コミ
実際の口コミ
ごはんが全くつかないのがびっくりです。もうほかのものは使えません。

実際の口コミ
実際の口コミ
水をつけなくてもほんとにくっつかないです!ストレスなくなりました。

実際に購入された方も極しゃもじを使用して、ご飯がしゃもじにくっつかないというストレスが無くなったと感じているようです。

まとめ

私が愛用している極しゃもじについてご紹介しました。

極しゃもじは、ご飯をよそったり混ぜたりする時にしゃもじにご飯粒がくっつかない!というのが最大のポイントになります。

そのことで、しゃもじにご飯粒がくっつくという悩みが解消さました。

そして、極しゃもじの定価は528円(税込)となっていており、主婦にも優しいお値段となっています。

また、私は極しゃもじを1年以上使用していますが、劣化することなく使えているのも極しゃもじをおすすめするポイントとしています。

しゃもじにくっつくご飯粒から解放されたい方は、是非参考にしてみてくださいね!


極しゃもじを公式サイトで見る>>