子育てお役立ち

出産時の持ち物について

何事にも経験が物を言うとは、よく言ったものです。出産も正にそうだと思いました。長男を妊娠して、初めての出産を経験して「これは、はたして必要だったのか?」「これはあって良かった!」と思うものがあったので紹介したいと思います!

 

ストローキャップ

百均でも安く手に入るストローキャップ。これは、是非準備していただきたいです!陣痛の時、出産中はとにかくペットボトルの蓋を開ける余裕も無ければ、ペットボトルを持ち上げて飲む余裕がなかったからです。

 

このストローキャップがあれば、寝ながらでも水分補給ができるのでとても役に立ちました!
あと初産は、長丁場なのでストローキャップと一緒に、予備の飲み物は用意しておいた方がいいと思います。

 

私自身、初産の時に入院から出産まで36時間かかったのですが、なんと500mlのペットボトル一本しか用意しておらず、出産しながら飲み物の残量まで気にしてしまってました…
なので、500mlのペットボトルは2~3本はあれば安心だと思います。

 

スポンサードリンク

 

テニスボール

そもそも、なぜ出産にテニスボール?となりますよね?実はその理由は、陣痛中にいきみたくなるのですが、まだ子宮口が全開でなければいきんではいけないので、そうなった時に肛門にテニスボールを押し当ててもらっていきみを逃す為に使用するのです!

 

私の利用した産院にはテニスボールが置いてありましたねー。事前に入院先の産院に、ボールが置いてあるか聞いておくと無駄な出費を抑えれますね!そもそも、ボールを誰かに託して使用するため、仕事の都合で主人も来れず、夜中だったため母親もこれなかったので陣痛中ずっと1人だった私には悲しいことに、テニスボールは不必要でした…

 

ボールの上に乗ろうと思いましたが、バランスを崩して転んだら危険だと思いやめました。
出産どころじゃなくなります。結局、なくても陣痛の波は越えられました!

 

 

スポンサードリンク

 

授乳口パジャマ

赤ちゃんに母乳をあげるときに開いた授乳口を手で持って更に下着も下げないといけないので、母乳を上手くあげることができなかった。
2人目の時は、この授乳口付きのパジャマをやめて、入院時には前開きの部屋着と指定があったので普通の前開きのものを利用しました。
授乳時はボタンを開けて下着をズラして母乳をあげると、スムーズに母乳をあげる事が出来ました。

たった二回の経験でしたが、これから出産される方の参考になれば幸いです。

関連記事はこちら>>