イベント

白良浜の海開き2018はいつ?駐車場や混雑状況は?アクセス方法の詳細も!

白良浜は、和歌山県西牟婁郡白浜町の鉛山湾沿岸に位置する砂浜で、石英の砂からなる白い浜辺と白浜温泉で知られています。

また、ハワイ・ワイキキビーチの友好姉妹浜にもなっていますよ~。そんな白良浜ですが、以前までは本州で一番早く海開きがされていました。

しかし、5月に海開きをしていた白良浜ですが去年2017年から7月に変更になっています。

今年の海開きはいつからなのか?駐車場やアクセス方法、混雑状況なども調べてみましたのでどうぞご覧ください!

 

スポンサードリンク

 

白良浜の海開き2018の日程は?

2017年の白良浜の海開きは7月15日(土)でした。2018年の海開きは、まだ確定ではありませんが2018年7月1日(日)~8月31日(金)となっています!

以前のようにGWの海開きではありませんが、7月入ってすぐの海開き予定となっていますので、わりと早い海開きと言えるのではないでしょうか?

白良浜の駐車場やアクセス方法は?

白良浜の駐車場情報は?

1回1000円~利用できる駐車場があるようです!700台の車が利用できるそうですが、人気の海水浴場ということで、すぐに満車になるそうなので利用したい方は早めの利用をおすすめします!

白良浜のアクセス方法は?

白良浜への車でのアクセス方法は以下の通りです。

  1. 大阪方面から白良浜へアクセス方法は、阪和道経由で紀勢道南紀白浜ICまで2時間、そして南紀白浜ICから約4km(15分程度)で白良浜海水浴場に到着します。
  2. 名古屋方面から白良浜へのアクセス方法は、阪和道経由で紀勢道南紀白浜ICまで3時間50分、そして南紀白浜ICから約4km(15分程度)で白良浜海水浴場に到着します。

〒649-2211
和歌山県西牟婁郡白浜町1600番地
電話:(0739)43-6588 

白良浜の混雑状況は?

和歌山でも有名な白良浜ですが、多方面からも訪れる人も多いようです。また、クラゲも少ないことから、お盆が過ぎてもにぎわっているみたいです。

また、週末も混雑が予想されますので、お出かけの際には時間の余裕をもってお出かけくださいね!

 

スポンサードリンク

 

まとめ

ビーチ情報として、監視員の方が9時~17時までいて、救護室や浮き輪やパラソルなどの用具のレンタルもしています。

トイレも3か所、無料シャワーや無料更衣室も完備していて安心ですね!また、売店もあるので安心して海水浴を楽しめますね!

水着で入れる露天風呂もあるので、海水浴と一緒に楽しむのもいいですね~☆

本日も読んで頂きありがとうございました!

 

 

 

関連記事はこちら>>