雑記

出産祝いの相場!友人が30代の場合喜ばれるのはコレ!

出産祝い

出産祝いって何をあげたらいいか迷いませんか?私は貰う側も渡す側も経験もしましたが、渡す側は本当に悩みますよね…両方経験した私が選んだ、もらって困ったものと、もらって本当に嬉しかったものを紹介したいと思います!

 

初めに出産祝いを送るタイミング

出産されたとう事を聞いてから贈るのがいいでしょう。お母さんと赤ちゃんの無事を確認してから用意するのが基本です。

赤ちゃんの生後7日~30日に贈るのが一般的です。産後間もない時期は、お母さんは体力を使い果たしてヘロヘロです。お母さんの体調を確認してから渡すのがベターと言えます。

また、出産前にお祝いを贈るということがないようにしましょう。出産が終えるまで何が起こるかわかりませんからね!

 

スポンサードリンク

 

お祝いの相場

地域によって出産祝いの相場は違いますが、ここでは一般的な予算の目安を紹介します。

赤ちゃんのお父さんとお母さんの関係
父母 30,000~50,000円(レアケースですね~)
兄や姉 10,000~30,000円
弟や妹 10,000~20,000円
いとこ 10,000~20,000円
甥・姪 5,000~10,000円
会社関係(上司・先輩) 5,000~10,000円
会社関係(同僚・部下) 1,000~5,000円
友人 3,000~5,000円程度 ~10,000円程度

 

困ったギフトvs嬉しかったギフト

困ったお祝いは

1、サイズが合わないベビー服(サイズ80以上)
理由は、全然着るタイミングがなかったからです…サイズ80はだいたい子供が1歳頃のサイズなので、着れるようになっても、季節と服の季節感が真逆だったりして結局着れなかったりしたからです。

もし、ベビー服を贈るなら新生児から長く着れるサイズ(60~70)をおすすめすます。

2、メモリアルグッズ
アルバムをもらったんですが、出産間もないころは写真を整理する暇もなく、ただただ時間が過ぎて行っただけなので、なかなかアルバムに写真を整理する時間がなかったです。

3、ママの為の甘いお菓子
長男を産んだ時にクリームたっぷりのケーキを頂きました。産後のご褒美~♪と食べたのですが、私が無知過ぎたのが災いして、乳腺炎になりかけました!産後間もないときに甘いものを食べ過ぎると乳腺がつまり大変なことになるので、甘いものは控えた方がいいでしょう。

また、果物も糖度が高いので選択肢から外しておいたほうがいいです

 

スポンサードリンク

 

次は送って喜ばれる贈り物を紹介します
1、おむつケーキ
おむつは消費するものなのであったら凄く助かりました。しかし、おむつケーキを贈るときに注意したいのが、サイズとメーカーです。事前に今持っているおむつの数とメーカーを聞いてから送るのをおすすめします。

2、タオルセット
これは今でも重宝してます◎タオルは普段でも使うものなので、これは普通に嬉しかったです。ただ、贈るタオルとしては、赤ちゃんの肌にも優しいオーガニックコットンの素材のものもあるので、そういったものを選ぶと喜ばれると思います。

3、現金(ギフト券)
私は過去に友達から出産祝いとして5000円の商品券をもらったことがあるのですが、一番有効活用できた記憶があります。私はもらった商品券で、エルゴの抱っこ紐を買いましたよ♪エルゴの抱っこ紐の話は→エルゴの抱っこ紐のはなしはこちら

ギフト券も色々な種類があるので、渡す人に一番使いやすいものを選ぶと良いですね。

ちなみに、私の妹が出産した時には、妹に欲しいものを聞いてそれをお祝いとして渡しました。妹に贈ったものはファミリアのマザーズバッグです。親しい間柄でしたら、相手の意向を聞いて渡すのも全然ありですよ~

 

まとめ

出産祝いでもらったものは全てありがたかったです。それでも、実際もらって嬉しかったものは、赤ちゃんが生まれてすぐに使える実用性のあるものが一番嬉しかったですね。トートバックやタオルなどは今でも使ってますしね◎

可愛い赤ちゃんと出産を頑張ったお母さんに喜ばれる贈り物が見つかるといいですね☆

本日も読んで頂きありがとうございます!

関連記事はこちら>>